■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
奥多摩へ犬塚勉を観に行く
夏休み企画第二弾で、しばらく前にNHKの日曜美術館で紹介されていた画家、犬塚勉の絵を見に奥多摩へ行ってきました。
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/0705/index.html

テレビ越しにも生命を感じさせるような力強さを感じて、これは間近で見たらどんなにか感動するだろうと、番組を見終わってすぐに友人を誘ったのだけど、最寄りの駅から徒歩30分という立地に気後れして会期ぎりぎりまで引っぱってしまいました。

新宿から中央線~青梅線と乗り継いで一時間半。電車を降りると予想以上の山でした。
090820奥多摩_02

川沿いの遊歩道をのんびりと歩いて美術館へ。
カヌー教室の前にいた猫は、二股の道を正しい道に誘導してくれました(たぶん偶然)。
090820奥多摩_01

さて本題の美術館。
念願の絵は、間近で見ると緻密に筆を重ねた画面から執念が伝わるようでした。
38歳の若さで亡くなったとのことですが、少し抽象的になりかかった絶筆の作品を見ると、もっと年を重ねた時にどんなものを描いたのか、とても残念に思いました。
今回行ったのは、10人も入ればいっぱい、といような山間の小さな美術館なのだけど、ハイキングの団体でごった返していたのがとても残念でした。少し引いたところからゆっくりと眺めたいのに、ちょうどいい位置ではとても見られない。お互い様なのでしょうけど。

帰りは川辺へ降りて川を眺めたり、スケッチしたり、カニと戯れたり。
090820奥多摩_06090820奥多摩_05
風景画、自分で描いてみると難しかった。
刻々と光が変わる中で部分と全体を見つつバランスをとって・・・。
レベルが違いすぎるけど、やっぱプロってすごいんだ。
それでもぼんやり眺めているのとも、写真を撮ろうとするのとも違う目線で風景を眺めるのは楽しい緊張感でした。
充実の夏休み終了、です。


関連記事
スポンサーサイト


そのほか | 00:43:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ありがとう。
描き始めると、欲が出てもっといろいろ描きたくなります。
今回は集中力が切れてこれで終わりにしたけど。
2009-08-21 金 23:15:31 | URL | カメママ [編集]
風景画はかめままさんが描いたの?
すごすぎる・・・
2009-08-21 金 12:24:43 | URL | kawakami [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。