■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
古代蓮の里(行田)
行田市にある古代蓮の里に行ってきました。
http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/
近くの古墳から発見された蓮の種を育てたものを中心に、
いろんな種類の蓮が見られるという公園。
毎年NHKのニュースで紹介されるのでいつか行きたいと思いながら、
蓮の花は夜明けとともに咲いて昼までに閉じてしまうというので
始発で出かける気力がわかず、4年くらい先送りしてやっと実現しました。

朝の5時過ぎに新宿駅を出て、最寄りの行田市駅についたのが7時半。
路線バスも動いていない時間なので、タクシーで運転手さんに郷土料理の話など聞きながら公園へ。運転手さんによると花のピークは7月の1週目くらいで、先週お祭りも終わってしまったとのこと。
着いてみると確かに散ってしまった花も多いし花数も少なかったけれど、人出が少ないのでゆっくり堪能できて逆によかったかも。

090728古代蓮_01090728古代蓮_04
開ききると直径20cmにもなる大きさといい、曇り空の下で発光しているようにも見える様子は、極楽浄土のものと言われるのもうなずける。散りかけの蓮も意味ありげ。

090728古代蓮_16
名付けて「シーサー」。
自然の造形ってホントに不思議。

090728古代蓮_06
猫の親子もいました。意外に愛想がよくて公園のおじさんとも仲良し。

090728古代蓮_03090728古代蓮_14
もうひとつ、ぜひ見たかったのが「蓮にかえる」の図。
昼近くになると蓮の葉の上の水滴も乾いてかえるの姿も消えてしまったので、これだけでも早起きした価値がありました。

帰りは近くの温泉に。
http://www.dormy-spa.com/gyouda/
ここは露天風呂に33度というぬるめの湯船があって、のぼせないからいくらでも入っていられました。車がないとアクセスは不便だけど、超おすすめ。ウチの近所にもほしい。

おまけ。
090728古代蓮_17
お昼前、公園を出る頃には子猫たちはお昼ねタイム。
おやすみなさい。





関連記事
スポンサーサイト


そのほか | 20:29:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
実は私は9時頃公園着くらいで考えてたんだけど、あの時間で行ってホントよかったね。写真を整理したら、後半暑くなってからのものは‘現世感’が出てイマイチでした。
2009-07-30 木 00:40:22 | URL | カメママ [編集]
早起きお疲れ様でした~。でも、何かを鑑賞する時に、観る時間帯にこだわるってとっても大切だよね。
2009-07-29 水 06:52:42 | URL | あばちょー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。