■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
トリケラトプスができるまで
トリケラトプス02トリケラトプス03トリケラトプス04トリケラトプス05

トリケラトプスはずっと前から作りたかったのですが、これという糸が見つからず、ずっと宿題になっていました。
この糸はロープ状になっていて、きつめに編むとくっきりと編み目が見えてウロコっぽくなります。コットンのしっとりした光沢や、ピッチの細かいグラデーション、アヤシ気な色合いもイメージにぴったりで、一目見て完成図が浮かびました。

トリケラトプス_制作過程01
骨格のある生きものを作る時は、まず骨格標本を参考にしながら針金で骨組みを作ります。

トリケラトプス_制作過程02トリケラトプス_制作過程03
その上から綿を被せて土台を作ります。筋肉の流れを意識しながら少しずつ重ねて、表面から骨のでっぱりがわかるところは固く、可動域の広い部分はやわらかく。解剖するとこんな感じかな、というのを想像しながら。

トリケラトプス_制作過程04トリケラトプス_制作過程06トリケラトプス_制作過程07
編み地は土台のパーツがすべてできあがった後。洋服のパターンのように、どう切り開くかを決めて土台に当てながら編んでいきます。
すべてのパーツが編み上がったら、土台の上で組みあげます。

トリケラトプス_制作過程08トリケラトプス01

顔まわりは一番たのしいところ。頭蓋骨の形を意識しながら凹凸を整えて、全体のイメージに合う表情に仕上げていきます。
今回は古代生物の重々しさを感じさせるような思慮深さを出してみました。
関連記事
スポンサーサイト


そのほか | 23:02:25 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます^^
トリケラトプスはまだ手元にいますので、私が直接販売するイベントにはまた連れて行くことになると思います。
ご都合があえばぜひ会いにいらしてくださいませ。
2016-08-23 火 21:47:49 | URL | よねざわなみ [編集]
すごいですね!トリケラちゃん・・見たかった・・
メイキングものせてくださるなんて・・
大変な手がかかってるのですね・・・
2016-08-23 火 17:09:26 | URL | ねこおばさん [編集]
ハギーさま

コメントありがとうございます^^
いろいろ試行錯誤していたらどんどん大変なやり方になってしまいました。
これからもいろいろアップしたいと思いますので、ぜひご覧くださいマセ。

よねざわなみ
2016-05-20 金 14:05:11 | URL | [編集]
とーっても手間暇がかかってるんですねー

完成した時は達成感ありそうですね。

またおじゃましまーす。
2016-05-20 金 09:55:23 | URL | ハギー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。