■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
おちょぼぐちの金魚
金魚の何がかわいいって、やっぱりとぼけた口元とつぶらな瞳でしょう、ってことで、おちょぼ口の金魚をつくりました。

120620金魚08120620金魚07120620金魚01120620金魚02120620金魚03
120620金魚04120620金魚05120620金魚06

ふわふわの極細モヘアで編んでいるので、光に透けて、ゆらゆら水に漂っているみたいです。
しっぽの先にはそれぞれいろんな色のビーズを編みこんであるので、キラッと光ります。

金魚らしい朱色の糸を探したのですが見つからなかったので、オレンジと赤、黄色の糸を組み合わせて、朱色の印象を出しました。
オレンジの色もなかなか見つからなくて、これは下北沢にあるパピーのお店で見つけたもの。
どういうわけか、オレンジと黄色の鮮やかな糸ってあまりないのです。
キッドモヘアとシルクのとっても高い糸だったので迷ったのですが、ここはハズせないな、と思って思い切って買って正解。イメージ通りの色合いになりました。

黒は同じモヘアでも透け感が出なかったので、編んだ後に毛足をカットしたり、レース糸を使ったりしました。
黒が入るとまた金魚らしい雰囲気が出ます。

チャームポイントのおちょぼ口は、実は意外に手間がかかっています。
やっぱりまん丸ではなくて、ちょっと曲がっている方がかわいいと思ったので、針金で歪んだ円を作って、毛糸を巻いたものを編みくるんでいます。これがなかなか肩が凝る、けど、やっぱりここもハズせない。

さて、このゆらゆらと泳いでいる金魚たちの写真、どうやって撮ったの?って気になりますよね。
実は・・・。
120620金魚09120620金魚10
背景に刺したテディベア用の長〜い針で支えているというか、平たくいえば刺してますm(- -)m
で、手前に置いたピンでヒレの角度も細かく調整しながらポーズをつけています。
残酷だと感じた方、ごめんなさい! 他に方法が思いつかなくて・・・。
下に敷いた滑り止めマットが意外に重要で、これのおかげで微調整をしたときに背景がズレないので、すごく作業効率があがりました。百均バンザイ!

この金魚たちは、こちらで買えます。
ZEN茶'fe日本橋店
http://zenchafe.co.jp/index1.html
EN茶'fe金魚

ソーシャルマーケットCreema
http://www.creema.jp/exhibits/show/id/64007
http://www.creema.jp/exhibits/show/id/64008

それぞれ他の作品も出ていますので、ぜひチェックしてみてください。








関連記事
スポンサーサイト


ひとりあみぐるみ部 | 23:41:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。