■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
写真展「雪のむこうに」
義兄の写真展に行ってきました。
雪のむこうに
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2011/10_shinjyuku.htm

写真の世界にうとい私はまったく知らなかったのですが、ニコンサロンに出展できるというのはすごいことなのだそうです。
彼の写真は姉と結婚してから折りに触れ見てきましたが、最初に見た時から独特の空気感のある写真でした。
なんでもない日常生活の一コマなのに、どこか詩的で生々しさがなく、浮遊感のある写真。
私の作品も何度か撮ってくれたのですが、背景が雑なところに置いてあるのに、なぜかおとぎ話な感じに撮ってくれたのには驚きました。
こう書いてみると、今回の写真展も「おとぎ話」なのかもしれないと思う。
彼個人を育てた家族と町と、彼が作った家族。とても個人的だけれど、この普遍的なテーマと相まって、見る人それぞれに自分の物語を思い起こさせるような作品展だと思います。

そうそう、彼が写真を撮るのをこの20年ほど見ていると思いますが、写真を撮るときの存在感がどんどんなくなってくるのが面白い。体の大きな方なのに、大きなカメラを目の前で構えられてもなぜか圧迫感を感じない。
ふっと気の抜けた瞬間をいつの間にか捉えられているという感じ。
こういうのが体で覚えた技術というのだろうなぁ、と思います。
関連記事
スポンサーサイト


そのほか | 21:42:45 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
>よっしー
そうねぇ、こういうのを一般的には「仕事の勘」っていうんでしょうね。
2011-10-06 木 00:19:55 | URL | かめのママ [編集]
>こういうのが体で覚えた技術
それ、何の仕事でもいえるかもしれないね~^^
2011-10-05 水 01:57:52 | URL | よっしー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。