■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
親皇帝ペンギンのダイエット
さて、難航続きの皇帝ペンギンの続きです。

110613皇帝ペンギン1110613皇帝ペンギン2

これが昨日の作業の終了状態。
リュック・ジャケ監督の映画『皇帝ペンギン』の親のように、慈愛に満ちた崇高な姿をイメージしているのですが、これはどっちかというと、手下に魚を捕らせて、自分は陸で待っている元締めペンギン、って感じ。
今朝起きたらコイツが「どおーん」と立っていて、「魚くれよ」よ言われたような気がしてブルーになりました。

なので、今日は強行ダイエットしていただきました。
で、皮もフエルト化してツヤツヤに。
これがフエルト化した皮の表と裏。
110613皇帝ペンギン3
ブラッシングして毛並みを作りました。
気高いペンギンにしたいので、張り切ってキッドモヘア82パーセントの高級毛糸を使っています。
ついこないだフエルト作家さんに教えていただいて知ったのですが、モヘアっていうのは本来は子ヤギの毛を使った毛糸のことなのだそうです。
ナイロンの多いものとは色の深みと手触りが全然違う。

110613皇帝ペンギン4
ダイエットした土台にフエルト化した皮を被せたところ。
お腹のたぷっと感が可愛くなりました。
頭の感じがペンギン版お茶の水博士みたいになってるのは明日の課題・・・。


関連記事
スポンサーサイト


ひとりあみぐるみ部 | 02:21:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。