■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コウテイペンギンのヒナ
110515ペンギン1110515ペンギン2

ペンギンって、体のラインもシンプルだし、お手頃価格でできるかなぁ、なんて気軽に作ろうと思ったものの、すぐに自然を甘く見てはいけないということを思い知らされたのでした。

資料としてリュック・ジャケ監督の『皇帝ペンギン』を繰り返し見たのですが、私のあいまいな記憶のペンギンなどお話にならない彼らの表情の豊かさに驚かされ、ぜひとも再現したいディティールをどう作るか、素材選びにも時間がかかり、予想以上に試行錯誤の連続になってしまいました。
シンプルなだけに、微妙な形の表現が難しかった。

『皇帝ペンギン』にはおまけ映像もあって、アデリーペンギンのドキュメンタリーもありました。
「ペンギン」といっても、種別ごとの個性があって、性格もまるで違うんですね。
アデリーペンギンも賑やかでかわいかったけど、皇帝ペンギンを選んで正解だと思いました。
長い行進や寒さにじっと耐え抜く生態がなんだか詩的なのです。
映画のフランスのアテレコには違和感を覚えるレビューも多かったけど、台詞というより詩の朗読というような声は、感情移入させる演出として成功してるんじゃないかと思いました。

私のコウテイペンギンはまだひとりぼっちなので、ひとりDVDを鑑賞中。
お友達ができたら賑やかな撮影会が始まります。
関連記事
スポンサーサイト


ひとりあみぐるみ部 | 23:08:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。