■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
美の壺ー久谷焼
NHK教育の『美の壺』という番組が好きでよく見ています。
以前から気になるテーマの時は見ていたんだけど、オリジナルの編みぐるみをつくるようになってからは、より熱心に見るようになりました。
今回は久谷焼。
http://www.nhk.or.jp/tsubo/program/newprogram.html

一番惹かれたのは、50年以上赤絵を専門にしてきた絵付け師の映像。
同じ濃さ、同じ大きさの点で、点と点の微妙な距離の違いだけで濃淡を表現していました。
絵の具の濃淡表現したのとは違って、水のしぶきやきらめきまで感じられるようです。
自然の造形物を見るたびに、自然の造形には適わない、とよく感じるのですが、作り手のフィルターを通すことで、自然に生まれたもののどこに感動したのかを人と共感することができるようになるのだな、と思います。
そしてそれを可能にするためには、確かな技術が必要なのだな、と。
絵付け師の方の手の動きは機械のように正確だけれど、意外にもランダムにあちこちに動いてバランスを取りながら絵が完成していきます。ここは機械には真似の出来ないところ。
自然にも機械にも作れないものを作ることに意義があるんだな。

これからも精進あるのみです。
関連記事
スポンサーサイト


そのほか | 22:58:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。