■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ガラパゴスリクイグアナとウミイグアナ
ガラパゴスリクイグアナとウミイグアナ

今月8日、9日に科学技術館で行われた「博物ふぇすてぃばる」に向けて作った作品です。
「博物ふぇすてぃばる」では「ガクモンからエンタメ」という夏休みの自由研究みたいなお題があるので、ガラパゴスに棲むイグアナをあみぐるみで作り分けるというテーマで作ったのです。

ガラパゴスリクイグアナとウミイグアナも同じ祖先を持つイグアナですが、一方は海に潜って海藻を食べ、もう一方は山に登ってサボテンを食べる生き方を選びました。
リクイグアナの方が大きく(あみぐるみはリクイグアナの方が小さくなってしまいましたが^^;)、ずんぐりした体型。ウミイグアナは世界で唯一の海に対応したイグアナ。ほっそりした体型で、長いしっぽをくねらせてウミヘビのように泳ぎます。長い爪で岩にしがみつき、海底の海藻を食べます。
ウミイグアナは水を反射して光る様子を、ラメ入りのチャコールグレーの糸で表現しました。
リクイグアナは、ウロコがウミイグアナより大きく、黄色や赤みがかった褐色。太い手つむぎ風の糸で、ごわっとした皮膚感を表現しました。
この2体の他にガラパゴスハイブリッドイグアナも作りました。
雄のウミイグアナと雌のリクイグアナの交雑によって生まれた交雑種。海に潜ることもできるし、長い爪でサボテンの幹に登ることもできるので、リクイグアナが食べられない、高い場所のはも食べられるという優秀なヤツですが、繁殖力がないので一代限りで、「新種」とは呼べないのだそうです。
体色は黒に白い帯が入った、ウミイグアナの幼体に似ており、大きさはリクイグアナとウミイグアナの中間ぐらい。現地では「シマシマちゃん」どか「ブキミちゃん」などとあだ名が付けられているらしいです。
ハイブリッドはきちんと撮影する前に売れてしまったので、作業中の画像だけです。ごめんなさい。

リクイグアナ
150816リクイグアナ01150816リクイグアナ02150816リクイグアナ03150816リクイグアナ04150816リクイグアナ05

ウミイグアナ
150816ウミイグアナ01150816ウミイグアナ02150816ウミイグアナ05150816ウミイグアナ04150816ウミイグアナ03

ハイブリッド
150816ハイブリッド01150816ハイブリッド02

リクイグアナとウミイグアナはcreema、iichi、ハンズギャラリーマーケット、BASEでお求めいただけます。










スポンサーサイト
ひとりあみぐるみ部 | 22:42:43 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。