■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
文鳥のあみぐるみ
実物大の文鳥を作りました。
文鳥02

子どもの頃、文鳥を飼っていました。
その子が亡くなった後、文鳥の「神社」を作ろうと思って紙粘土で本物そっくりに作ろうとしました。小学生のわりに体の形はよくできたと思うのですが、足を付けて立たせてみたら、あっという間に倒れて、一生懸命きれいに塗ったクチバシが無残につぶれてしまい、がっかりしたのを時々思い出します。ものを立たせるには重心が大事だってことを、まだ気付いていなかったんですね。
あの当時の小学生が手に入れられる素材も限られていたし、もっとこんな風に出来たらいいのに、とよく思っていたような気がします。
文鳥01文鳥03文鳥05文鳥04文鳥06文鳥07文鳥08文鳥09

さて、大人になった私は、思う存分素材や手法を突き詰めることができるようになりました。
新しい素材もどんどん出てくるし、インターネットを検索するとヒントになる手法もすぐ調べられます。いい時代になりました。
素材は、手に乗せたときの手触りを大切にしたかったので、やわらかなアルパカの糸を使って、編んだ後に全体に起毛させています。
尾羽は繊細な感じを出したかったので本物の鳥の羽を使いました。売っていたそのままでは本体の糸に馴染まなかったので、ほんのりコーヒーで染めています。
足は単色の糸ではリアルな本体に負けてしまうので、微妙なグラデーションが入ったシルクの糸を使いました。
「ぼんじり」ぶぶんは起毛しているので見た目にはわかりませんが、触るとおしりの穴のところがキュッとひっこんでいます。

文鳥_制作過程01文鳥_制作過程02文鳥_制作過程03文鳥_制作過程04文鳥_制作過程05

どこから見てもかわいい子が出来ました。
この文鳥は池袋で今週末から始まるイベントに連れて行きます。
文鳥と仲間たち トリトブ部屋

スポンサーサイト
そのほか | 14:01:36 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。