■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
The Art of Puppets 2012
飯田橋のパペット専門店「パペットハウス」に「The Art of Puppets 2012」を見に行きました。
http://www.puppet-house.co.jp/index.html
パペット展

マリオネットを中心に、腹話術のお人形やパペット人形が展示されていました。
実際にいくつか動かしてくださったのですが、吊され立ていた人形が、動かした途端に表情まで生き生きしてくる。不思議な瞬間でした。
見ていたら、自分の人形たちを動かしたら楽しいだろうなぁ、と思えてきて、いろいろうかがってみたら、日本ではマリオネットの作り方を教えているところもないし、本も出版されていないのだそうで、そこに展示してある作品のほとんどは独学で学んだものなのだそうです。

そして、作りたいのなら、まずはきちんと作られたものを自分で動かしてみることを勧められました。
自分で動かすことができないと、自分でつくったものがきちんとできているのか、動かし方が悪いのか、作りが悪いのかを判断できないのだそうです。
お土産で売られているようなマリオネットには、そもそも「動かせない」ものもあるそうで、自分で動かしてみるのにも、自分が真似したい動きの出来るものを選ぶ必要があるようです。
なるほど。

いろいろ見たり、お店の方に動かしてもらったりしているうちに、これはすごく奥の深いものなんだってことがよーくかわりました。
操作部分もそれぞれ独自に作ったもので、どこをどう吊るかで動きも変わってくる、人形の性格と動きのマッチングも考える必要がある。関節をどこにどう作るのか。どこを動かしてどこを動かさないのか、などなど。
マリオネットにするなら、人形自体の作りも変えなくてはならず、これは「今回はマリオネット仕立てにしました」的なことでは済まされないようでした。

時間的にも資金的にも一筋縄ではいかないみたい。
でもいつかやりたいなぁ。
またひとつ宿題ができてしまいました。

私が見に言ったパペット展は終了してしまいましたが、2回のお店は常時営業しているようなので、興味のある方はぜひ。

スポンサーサイト
そのほか | 01:50:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。