■よねざわなみ

よねざわなみ

Author:よねざわなみ
リアルでマヌケなあみぐるみを作っています。

オリジナルのあみぐるみをつくっています。 化学調味料のアレルギーがあるので、化学調味料フリーのお店や料理も紹介しています。同居している愛カメ「かめちゃん」も時々でてきます。 こちらで販売もしています。 http://www.creema.jp/c/yonezawa http://www.iichi.com/shop/L2176381 http://hands-gallery.com/shop/yonezawanami

■更新情報をお知らせします

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

■こちらにもどうぞ
■ブログ村に参加しています
■検索フォーム

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■全記事表示リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クラゲの正体
クラゲの正体


クラゲのあみぐるみの資料として読んだ本が面白かったので紹介します。
ジャズサックス奏者の坂田明さんが、クラゲの研究者と対談したもの。
対談形式の本は、話の内容が流れてしまって喰い足りない印象を受けることが多いのだけど、これは面白かった。人選がいいのかも。

この本は10年以上前に書かれたもので、この時点では坂田さんはクラゲを飼っていないのだけど、たぶんこの本がきっかけでクラゲを飼い始めたのだろう。それもわかる。

もともと文学や芸術に興味があったという、どこか少女のような雰囲気のある、でもクラゲに人間の思考を当てはめて考えることをしないクラゲの研究者。クラゲの長期飼育が難しかった時代に、試行錯誤を繰りかえし、飼育方法を研究した江ノ島水族館の元館長。
あっという間に読めてしまうのだけど、初めて知ることばかりだし、3人とも魅力的なので、何度も読み返してしまった。

クラゲというと、ふわりふわりと海に漂う姿が特徴的だけれど、意外にたくましいところもあったり、そうかといえば、人間が水槽に入れたとたんにはかなく消えてしまったり。一つ一つのエピソードも興味深いのだけど、クラゲをとおして自然の奥深さに思いをはせることのできる一冊です。

スポンサーサイト
そのほか | 14:35:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。